タイバンコクスワンナプーム空港のVAT還付方法とは?TAXとDUT YFREEの違い

vat

外国人旅行者は、タイで購入した商品に含まれる付加価値税還付(VAT REFUND)が受けられます。

VAT還付を行うには、商品を購入する際にお店から申請書を受け取る必要があります。

VATとは、空港内にある免税店とはわけが違うのでしょうか?

今回は、空港内のTAXとDUTY FREEの違いや、VAT還付の申請方法

また、バンコクスワンナプーム国際空港VAT還付場所をご紹介します。

thai5免税店とは?

海外旅行をすると良く耳にする【TAX FREE】【DUTY FREE】と言ったこの2つの言葉。

どちらも税金が免税される事には変わりありませんが【FREE】となる税金の種類が異なるのです。

  • 【DUTY FREE】⇒消費税+関税+酒税+たばこ税 

【DUTY FREE SHOP】
基本的に、空港の出国エリアにあるお店がDUTY FREEの対象店となります。

出国手続き法律上どこにも入国していない状態税法適用外無税ゾーン

出国エリアは「保税地域」と呼ばれています。

空港内の保税地域のみ【DUTY FREE SHOP】を出店出来る為、基本的に街の中にはありません。

dutyfree

出典:4.bp.blogspot.com

  • 【TAX FREE】⇒消費税

【TAX FREE SHOP】
外国人旅行者を対象としたTAX FREE SHOPは、街中に多くあります。

日本では【TAX】ですが、海外では多くのお店が【VAT】※と表記をしています。

タイでもお店の入口やお店の中に【VAT REFUND】といった表記があれば、VAT還付を受ける事が可能です!

vat

出典:asia-hotelnavi.com

海外において日本でいう消費税に相当する主な税は、VAT (Value Added Tax)とよばれる付加価値税

thai5VAT REFUNDをしよう!

タイで購入する商品にはVAT(付加価値税)7%が課税されています。

外国人旅行者は、商品購入時やタイ出国時にVAT課税7%分の返金申請を行う事が可能です。

VAT還付条件と還付方法を詳しく見てみましょう!^-^

VAT REFUND条件と方法

  • 1.VAT還付申請が出来る対象者
  • タイ国籍を持っていない外国人
  • タイ滞在が年間180日未満の者
  • 航空会社の乗務員でない
  • バンコク、チェンマイ、プーケット、ハジャイの4つの国際空港から空路でタイを出発する者
  • 2.VAT還付申請の条件
  • 【VAT REFUND FOR TOURIST】の表示店で購入した商品である事
  • 同日同一店舗で購入した商品の総額が2,000バーツ以上である事
  • 購入した全ての商品総額(VAT込み)が5,000バーツ以上である事
  • VAT還付申請を、購入日から60日以内に本人が行う事
  • 購入した商品は、購入日から60日以内にタイ出国と共に持ち出す事
    タイからの持ちだしを禁止されている物品、拳銃や爆発物などの危険物、宝石の原石などはVAT還付の対象外
  • 3.VAT還付方法

sponsored link

●お店で●

  1. 【VAT REFUND FOR TOURIST】の表示店で2000バーツ以上のお買い物
  2. 会計時にスタッフへ【VAT REFUND(VAT還付)】を受けたい事を伝える
  3. スタッフへパスポートを提示する
  4. 「VAT払い戻し申請書(P.P.10)」に必要事項を記入
    詳細下記参照
  5. 「VAT払い戻し申請書(P.P.10)」と「税金請求書(TAX Invoice)」2種類の書類を受け取る
    受取った2種類の書類は、帰国まで紛失しないように注意!

必要な物

  1. パスポート

VAT払い戻し申請書(P.P.10)記入事項

  1. パスポートの番号
  2. 名前
  3. 日本の住所 etc…
    記入箇所はお店の店員さんが指示してくれます^-^

PP10

出典:urahk.com

●空港チェックイン前●

  1. 出発ロビーにある【Custom Inspection for VAT REFUND】カウンターへ行く
    地図下記参照
  2. カウンターで、お店で受け取った書類「VAT払戻し申請書(P.P.10)」「税金請求書(TAX Invoice)」と購入品、パスポートを提示
    単価10,000バーツ以上の高価な品物は購入本人が提示する事
  3. 税関の職員にスタンプを押してもらう

必要な物

  1. パスポート(+航空券)
  2. 申請書類2種類【VAT払い戻し申請書(P.P.10)・税金請求書(TAX Invoice)】
  3. 申請する購入品

2(2)_new(3)

出典:cdn.airportthai.co.th

before checkin

出典:www.thailandtravel.or.jp

●チェックイン・出国審査後●

  1. 出国エリアにあるVAT払戻しのカウンター(VAT Refund Office Revenue Dept.)へ行く
    地図下記参照
  2. 再度、お店で受け取った書類「VAT払戻し申請書(P.P.10)」「税金請求書(TAX Invoice)」とパスポートを提示
    高価な購入品(宝石、貴金属、装飾品、時計、めがね、ペンなど)はここでもう一度提示を求められる場合があります。
  3. 確認終了後、同じカウンターでVATの払い戻し

必要な物

  1. パスポート
  2. 申請書類2種類【VAT払い戻し申請書(P.P.10)・税金請求書(TAX Invoice)】
  3. 申請する購入品

dpt

出典:blog-imgs-61.fc2.com

after checkin

出典:www.thailandtravel.or.jp

  • 払い戻し受け取り方法

●30,000バーツを超えない場合●

  1. タイバーツの現金
  2. 銀行小切手
  3. クレジットカード口座への振込

●30,000バーツを超える場合●

  1. 銀行小切手
  2. クレジットカード口座への振込
  • 払い戻し手数料
  1. タイバーツの現金:手数料100バーツ
  2. 銀行小切手:手数料100バーツ+銀行の小切手発行手数料及び郵便料金
  3. クレジットカード口座への振込:手数料100バーツ+クレジットカード会社の振込手数料及び郵便料金

VATに関する問い合わせ先

VAT Refund for Tourists Office(タイ語・英語)

  • TEL:(66)2272-9387~8, (66)2272-8195~8
  • FAX:(66)2617-3559
  • E-mail: vrefund@rd.go.th(英語)
  • 利用時間:(8:30am~4:30pm)

銀行小切手又はクレジットカード口座への振込みでの払戻しが適当な期間内になされない場合は、VAT Refund for Tourists Officeへ連絡して下さい。

 動画で確認!

thai5まとめ

VATは、結構大きい額になる可能性が高いのです。

日本人の多くは、制度を知らなかったり、面倒臭いと申請を行わないVAT REFUND。

本当にもったいないのです!!!

高額なお買い物をしていなくても、VAT還付条件を満たしている方は申請される事をお勧めします!^-^

ただ記載したように、空港でいくつかの手続きが必要となりますので、空港へは時間に余裕をもって到着するようにしましょう!

sponsored link


コメントを残す