海外旅行ではどっち?保険会社とクレジットカードの海外旅行保険3つの違い

003

海外旅行中は、思わぬ所でトラブルが起きやすいです。

トラブルの中でも一番心配で、お金が掛かるのが【病気・ケガ】です。

そんな時に、強い味方になってくれるのが海外旅行保険です。

ただ、一概に海外保険と言っても、保険会社クレジットカード付帯している保険など、様々な種類があります。

そんな海外旅行保険の大きな3つの違いをご紹介します!

旅行中のトラブル内容

  • 病気やケガ(交通事故など)をした時
  • 持ち物を盗難されたり、紛失した時
  • 持ち物を壊したり、壊された時
  • 他人の持ち物や施設を壊してしまった時
  • 他人にケガをさせた時
  • 航空機が遅れた時 などなど

海外旅行でおこりうるトラブルは、あなた自信が病気やケガをするだけではなく、あなたが他人や他人の物を傷つけてしまう場合もあるのです!

しかし、やはり海外旅行先でおこるトラブルで一番多いのが【健康にまつわるもの(病気・ケガ)】です。

003

出典:www-429.aig.co.jp

病気やケガをしてしまった場合は、当然ながら現地の病院で治療を受ける必要が有ります。

そんな時に、一番助かる保険のサービスが【キャッシュレスサービス】なのです。

あなたは【キャッシュレスサービス】って知っていますか?

Cashless Serviceとは?

Cashlessサービス付帯保険の場合

現地の病院でかかった、受診料・治療費・入院費などの医療費を、あなたがその場で自己負担することなく治療をうけられるサービスをいいます。

治療費は保険金として保険会社から提携病院へ直接支払うシステムとなります。

cashless

ただでさえ海外旅行中は、現地通貨を余分に持っていない事が多いので、キャッシュレスサービスはとても助かります。

保険会社の海外旅行保険に入る場合と、クレジットカード付帯の海外旅行保険に入る場合での違いってどんなことでしょうか…?

タイで麻疹に感染する理由は?バンコク旅行で予防は出来る?気を付ける事は?

保険会社とクレジットカードの海外旅行保険の違いは?

【保険会社】と【クレジットカード】の海外旅行保険の違いは、大きく3つ上げることが出来ます。

  • 補償期間
  • 補償対象
  • 治療費の支払方法
  保険会社 クレジットカード
補償期間 日数を選択可能 日本出国後90日 or 60日間
補償対象 疾病死亡も補償対象 疾病死亡は補償対象外
治療費の支払方法 キャッシュレスサービス キャッシュレスサービス無しの場合が多い

保険会社の海外旅行保険

  • 補償期間
  • 選択する日数によって保険料金が変動する仕組み

ただ、保険も用途によって、最長補償期間が違ってきますので、要確認です!

  • 一般の海外旅行保険:最長90日(3ヶ月間)
  • 長期滞在用の海外旅行保険:最長2年間
  • 補償対象
  • 疾病死亡も補償対象

ただし疾病死亡補償は、あくまでも万が一の時の為に付帯している補償です。

持病のある方は、別途で書類提出などが必要な場合もあります。

  • 治療費支払い方法
  • キャッシュレスサービス適応

現地で治療費を、一切支払う必要がありません。

クレジットカード付帯の海外旅行保険

sponsored link

クレジットカードに付帯している海外旅行保険には、2つの種類があります。

1.自動付帯海外旅行保険
⇒クレジットカードを持っているだけで保険適用。

2.利用付帯海外旅行保険
⇒旅行に関係する「公共交通乗用具(飛行機・船舶・電車・バス・タクシー)」などの利用料金をクレジットカードで支払う事で保険適用。

この特性を生かして、補償期間を伸ばしたり、補償金額を増やすことが可能なのです。

  • 補償期間
  • 日本出国から90日間 or 60日間

複数のクレジットカードを利用する事で、補償期間を延ばす事が出来ます。

半年カバーしたい場合【利用付帯の場合】

  • 1枚目:日本出国前に使用
    ↓【90日間】
  • 2枚目:85日目位に、現地の公共交通乗用具の支払いに利用
    ↓【90日間】
  • 3枚目:175日目位に、現地の公共交通乗用具の支払いに利用
     【90日間】

適用期間が被ってしまうので、クレジットカードが3枚あれば、半年間を完全にカバー出来ます。

  • 補償対象
  • 疾病死亡補償対象外

クレジットカードに付帯されている死亡補償は、あくまで傷害による死亡が条件です。

その為、病気で死亡した場合の疾病死亡補償が含まれていません。

  • ケガ・事故で死亡:補償対象
  • 病気で死亡:補償対象

この点は、重要なので知っておく必要があります!

補償対象外なのは病気で【死亡】した時なので、病気の治療費は補償されます。

  • 治療費支払方法
  • キャッシュレスサービス無しの場合も有り

最近ではキャッシュレスサービス付帯のクレジットカードも多くなっています。

キャッシュレスサービス付帯のクレジットカード

  • 三井住友VISAカード
  • JCBカード
  • セゾンカード
  • エポスカード
  • KCカード
  • UCカード
  • JALカード(ゴールド・ダイナース・CLUB-Aカードのみ)
  • ジャックスカード(海外保険が三井住友海上火災保険のもの限定)
  • ベルメゾンメンバーズカード
  • 楽天カード
  • 楽天プレミアムカード
  • MUFGカード
  • DCカード
  • ライフカード
  • TS3カード などなど

hospitalキャッシュレス提携病院は決まっている

キャッシュレスサービス付帯の海外旅行保険に入っているからと言って、どこの病院でもキャッシュレスサービスを受けられると言うわけではありません。

保険会社と国によって、キャッシュレスサービス提携病院が違ってきます。

保険会社と病院が、キャッシュレスサービス提携しているかを把握していれば一番いいのですが、そうもいきませんよね?

病院に行く前に、まずは保険会社やクレジットカード会社に電話をかけましょう!

  1. 保険・カード会社の緊急デスクに連絡
  2. 保険・カード会社がカード番号や有効期限など会員情報を照合(会員資格の確認)
  3. 保険・カード会社の緊急デスクに病院へ診療の予約をしてもらう
  4. 保険・カード会社の緊急デスクに案内された病院へ行き、受付
  5. 診療

最低でも、この流れを知っておく事で心の余裕が全く違います!

バンコク日本語で救急車を呼べる!24時間救急病院の保険手続きは?

連絡先を確認・共有しておく!

保険会社・クレジットカード会社の緊急デスクの電話番号は要確認!

いつ何時、あなたがトラブルに遭うか分かりません。

そんな時に、冷静な判断や行動を取れるように、緊急デスクの番号をすぐに確認できるようにしておきましょう!

複数人で海外旅行へ行く場合は、一緒に居る友人・家族などにも伝えておくことが大切です。

あなたがトラブルに遭った時に、対応するのは同行者

同行者がトラブルに遭った時に、対応するのはあなた

当たり前のようで忘れがちな事なので、ここもきちんと押さえておきましょう!

まとめ

  • 身体が元気で数日の海外旅行:クレジットカード付帯の海外旅行保険でも十分
  • 身体に持病などの心配事がある方の海外旅行:保険会社の海外旅行保険に入るべき
  • 1番安心な加入方法
    ⇒保険会社の海外旅行保険に加入+海外旅行保険付帯のクレジットカードを持って行く

    • 理由:疾病死亡&傷害死亡&治療費をカバー出来る
  • 補償額増やす&補償期間延ばすだけなら
    クレジットカードを複数枚持って行く【利用付帯のクレジットカード

    • 理由:現地でクレジットカードを利用する事で補償額を増やせて、利用タイミングで補償期間延長出来る。

今回紹介した、保険会社とクレジットカード付帯の海外旅行保険の違いの他にも、細かい補償内容や補償金額の違いは保険ごとにあります。

あなたの持っているクレジットカードや保険に加入する際に、あなた自身でしっかりと確認をしておきましょう!

タイ旅行中パスポート盗難・紛失した時どうする?再発行までの手続き日数

sponsored link


コメントを残す