タイ語不要!バンコクGrabTaxiアプリの使い方!Uberのサービスは?

タイ旅行で欠かせない足の1つとなるのが、タクシーです。

ただ、タイ語が話せない、分からないと、目的地を伝える事も難しいですよね。

そんな旅行者にとってとても便利な『Grab Taxi』配車サービス知っていますか?

日本での配車サービスは『UBER(ウーバー)』がメジャーですよね。

スマホのアプリ上から、簡単に自分の居る場所にタクシーを呼ぶことが出来ます。

そして、アプリ上の地図から目的地を指定する事が出来るので、バンコクの目的地までの道を知らなくても、大丈夫なのです!

また、タクシーに乗車している間も、現在地がリアルタイムで更新されるので、比較的女性にも安心です。

今回は、GrabTaxiの使い方を詳しく説明します!

Grabとは?

Grabとは…?

Grabとは【インターネット配車サービス】の事を言います。

スマホのアプリ上から、現在地と目的地を指定して、タクシーを呼ぶことが出来ます。

シンガポールを拠点とした新興企業で、【シンガポール、タイ、マレーシア、ベトナム、インドネシア、フィリピン】の6カ国、22都市で配車サービスを展開しています。

普通のタクシーと何が違うの?

普通のタクシーとの違いは、以下の様な事があげられます。

  1. 配車方法
  2. 現在地情報
  3. 支払方法
  4. 車種選択

1.配車方法

  • 通常のTaxi

⇒道路上で走っているタクシーを止めるorホテルのフロントからタクシーを呼んでもらう。

  • Grab Taxi

⇒アプリ上で現在地と目的地を入力して、近くに居るドライバーを呼ぶことが出来る。

Grabは、現在地と目的地を正確に指定できるので、タイ語や英語が話せなくてもドライバーさんが場所を理解してくれます^-^

2.現在地情報

  • 通常のTaxi

⇒ドライバーさんにお任せor自分で地図を確認する。

  • Grab Taxi

⇒あなたの乗車しているタクシーの位置情報をアプリ上でリアルタイム確認出来る。

3.支払方法

  • 通常のTaxi

⇒メーター表示料金を現金支払い

言い値でボッタくられる事もしばしば。

  • Grab Taxi

⇒配車の時点で、表示される料金を現金orクレジットカード払い(登録済の場合)

4.車種選択

  • 通常のTaxi

⇒路上を走っているタクシーから選ぶ。

  • Grab Taxi

⇒タクシー・カーシェア・バイクなどの中から選択可能。

Grab Taxiの使い方

sponsored link

  1. Grabアプリを立ち上げる
  2. Pick up point(現在地)を入力する通常は、自動的に現在位置が読み込まれる
  3. Drop off point(目的地)を入力する地図上から探すor名称検索
  4. サービスを選択する
  5. BOOK(予約)ボタンを押してドライバーを探す

ドライバーが見つかったら、ドライバー情報が出て来て、リアルタイムでドライバーの位置が地図上に表示されますよ^-^

Grabサービスの種類は?

グラブタクシーでは、時間・日時・車種・乗り物などの中から

あなたの希望に合わせた配車予約をすることが出来るので、とても便利です!

1.ECONOMY SERVICE

  1. JustGrab:タクシーとカーシェアの中からドライバーを探す
  2. GrabCar:カーシェア
  3. GrabBike(Delivery):バイクシェア⇒荷物や書類を運ぶ
  4. GrabBike(Win):バイクシェア⇒人を運ぶ
  5. GrabTaxi:通常のタクシー

2.PREMIUM SERVICE

  1. GrabCar Plus:ハイヤーやランクの高い車種

3.ADVANCE BOOKING SERVICE(事前予約サービス)

  1. Taxi 6 seater:7人乗りのタクシー
  2. GrabXL:ハイヤーなどの大きなバンタイプ
  3. GrabTaxi:通常のタクシー

4.CHAUFFEUR SERVICE(運転手サービス)

  1. GrabRent Eco(within Bangkok):バンコク市内の運転手を通常車の中から探す
  2. GrabRent Eco(outside Bangkok):バンコク市外の運転手を通常車の中から探す
  3. GrabRent Plus(within Bangkok):バンコク市内の運転手をハイヤーやランクの高い車種の中から探す
  4. GrabRent Plus(outside Bngkok):バンコク市外の運転手をハイヤーやランクの高い車種の中から探す

アプリインストールはどこで?

Grabのアプリは、日本でもタイでもインストールする事が出来ます。

ただ登録には、電話番号が必要になるので、日本で登録しておく方が良いですね^-^

タイ旅行で、電話番号付きのSIMカードを購入予定の方や、既にタイの電話番号を持たれている方は、タイ到着後にGrabアプリをインストールしても良いですね。

appstoregoogleplay

Grab利用時の注意点!

  • 自動的に表示される現在地が正確な場所かチェック
    ⇒時々GPSの場所情報が違っている場合があるので要注意!
  • ドライバーの顔・車種・車のナンバーをチェック
    ⇒グラブタクシーは通常のTaxiが来るので、誤って違うTaxiに乗らないようにしましょう!
  • メーター表示料金+配車手数料がかかる
    ⇒メーター料金とは別に配車手数料が20B~かかるので支払いましょう!
  • 場所や時間帯によって配車料増額
    ⇒渋滞時や空港までの利用では追加料金が掛かるので要注意!

    • スワンナプーム・ドムアン空港への配車手数料:150バーツ追加
    • 大雨・渋滞時の配車手数料:30B~60バーツ程に配車料が増額
  • 時間帯によってドライバーが居ない
    ⇒出勤退社ラッシュやスコールの時は、みんなタクシーを拾うので、なかなかドライバーが見つからない事も…。余裕を持って配車サービスを利用しましょう!

タイにUberは無いの?

【Grab】と同じ、インターネット配車サービス【UBER(ウーバー)】アプリは

世界共通で使用出来て、日本でもタイでも同じアプリで配車出来ていました。

しかし【UBER】が、2018年に入って東南アジア市場から撤退し【Grab】が【UBER】の事業を買収したのです。

Grab&uber

出典:response.jp

なので2018年現在は、タイで利用できるインターネット配車サービスは【Grab】のみです!

taxiまとめ

バンコクのタクシー運転手は、その時の気分や行き先によって、すぐに乗車拒否をします。

バンコクで生活していても、時間帯によっては、平均2台程は、乗車交渉する事が当たり前です。

しかも乗客がタイ語が分からない、タイに慣れていない旅行者だと分かると、メーターを使わず、乗車料金をボッタくる事も多いのです。

詳しい行き方や、距離が分からない場合や、緊急の場合などは、確実に目的地を指定出来て、料金も表示される【Grab】の配車サービスを利用する事をおススメします!

sponsored link


コメントを残す